« ピアノ基礎トレ365日 | トップページ | うちの二階 »

2014年6月15日 (日)

ブルグミュラーの「アラベスク」練習開始!

初めてチャレンジしたピアノ曲、ブルグミュラーの「素直な心」も、インテンポで何とかノーミスの確率が5割り位になったので、それと一緒に「アラベスク」も練習を始めることにした。

もちろん、また超スローからのスタート。
そのせいか、メロディーが「これでもか!これでもか!」と聞こえてしまう(笑)
下の写真の赤丸の部分が、余程意識しないと粒がそろわないで、歯こぼれしたクシのようになってしまう。メロディー2小節目と3小節目、それと赤丸の部分の指使いは同じ「12345」だが、何故か赤丸の部分の粒がそろわない。
何の違いだろう??

20140615_220000


でも、左手の伴奏はスタッカートで、歯切れが良いのでノリが良さそう(^^)


« ピアノ基礎トレ365日 | トップページ | うちの二階 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

吹きました(笑)
「これでもか!これでもか!」
わかります、これ(^^♪

でも「初めてチャレンジしたピアノ曲」がブルグミュラーなんて、すごいですね。
私は初心者用の教本でノコノコ練習してますが、それでも大変です。
好きな曲でテクニックを練習するの、いいですね。

「アラベスク」ってアラビア風とかアラビア模様という意味らしいんですけど、この曲のどこがアラビアなんだろうか…などど考えていました。YouTubeに高速なアラベスクの演奏がありましたが、どちらかというと、「トムとジェリーの追っかけっこ」というイメージが浮かびました(笑)

チャレンジしたい曲は、良く知っている曲や、好きな曲からの方がやり易いかなと思いました。
基礎練は、例のベルサイユのバラ風の本で練習してみます(^^)

赤丸の部分を弾く際に、上体を少し右側へ水平移動してみて下さい。更に、このフレーズのすぐ後に弾く音は、赤丸の最後の音と大きく離れているので、鍵盤の位置を更にしっかり意識して見て下さい。

とおりがかりさん、アドバイスありがとうございます。
その通りにやってみたら、あっさりと解決してしまいました(^^;)

よく観察してみると、体の中心から鍵盤の位置が遠くなると、腕と指の角度が体の中心に対してハの字に開いていました。それで、指が鍵盤に対してかなり斜めになっているのが解りました。

変だな?と思うことには、やはり何かしら原因があるものですね(^^;)

解決できてよかったですね☆
応援しています♪

とおりがかりさん、応援ありがとうございます!(^^)

少しずつですが、練習の成果が出てきているようで、
「全くダメ」→「何とか1曲は弾ける」に進化してきました。

楽しくピアノと付き合っていこうと思っています。
宜しくです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2038088/56511277

この記事へのトラックバック一覧です: ブルグミュラーの「アラベスク」練習開始!:

« ピアノ基礎トレ365日 | トップページ | うちの二階 »