心と体

2014年6月24日 (火)

心の老い?

YouTubeなどの動画で、上手な人の演奏を聞いていると、とても羨ましいなと思う。

…と、同時に、「自分は今からプロになろうって訳じゃないし、好きな曲を弾けるようになれば、それでいいや」とか、傍で誰が聞いている訳でもないのに、自分に言い訳しみたりする。

若い頃は、何かやり始めると、もう思いっきり熱中してしまい、世界中を駆け巡って拍手喝采を浴びている自分の姿を想像していたものだった(^^;)

せめて、想像の中ではヒーローであっても、誰に笑われることもないのだが、そう考えようとすると、心にブレーキをかけてしまう「理性的」な自分を感じてしまう。

「オトナになる」と言うことは、「心が老いる」ということと同義語なのかも知れない。

せめて妄想くらいは楽しめるようになろうっと(^^)

その他のカテゴリー